049
池多摩装備も身にまとい
もはや毎年恒例になった電車まつりに参加してきたので、1000のことを少しばかり。
テクノ入場中は一畑1003F、東急1502Fの2編成。どちらもほぼ完成に近い感じでした。
051
奥はデハ1602.内装は化粧板、スタンションポール等は変更済み、他の機器等もかなり交換が済んでいました。おおよそ後一か月くらいで出てきそうな気がします。
043
クハ1702も良い感じで進んでいます。

042
一畑1003F。どうやたライト類が変更になったようで目隠しがされていました。どういう風に光るかは分かりませんが、結構格好いい感じになりそうです。折角なのでデザイン変わったりすると面白いかなぁ、とかは思ってしまいます。こちらはほぼ完成。車内設備も全て付いていました。

屋外留置車は変化なし。
034
テクノ側に置かれているデハ1258は物置状態。何かに使うのかも分からない感じでした。

出場線脇に置かれてたデハ1252の車内を覗くと
015
「1252→1002転籍」何の話をしているのでしょうかね。

059
 有終の美の編成。形見を手に入れることが出来ました。