IMG_8799
まさかの展開。1500と名乗るものの… 続きは少し詳しい話。
 10月23日、電車まつりに当選したので行ってまいりました。もっとも部品は外れたので、1024Fしか見てなかった、という節はあるんですが…
  テクノ線路側に入場していた1024Fがまさかの1500番台へ。改造点は散見されるんですが、1000とも1500とも言い難いような機器配置や編成構成になっているようで、改造が終わってない時点にはなりますが、少しまとめてみようと思います。今回は少し長め。

 まずは外装。
IMG_8807
外見は1500番台そのもの。

IMG_8774
下り方が1700という「付番」規則も維持されています。(付番はね…)

1500と言えば中間2パンタですが、
IMG_8780
デハ1224に増設パンタが設置されました。配管の引き回し方は
  
IMG_8818
東横組のデハ1600と同じですね。屋根上に関しては分かりませんが、編成によって配管が違う(厄介な)伊賀向けでもありませんし、配管はさほど異ならないのではないかと思います。
池多摩の1000Nは先頭、デハ1310にパンタがありました。このままだと福島向け3連も顔負けの編成になってしまいますが、
IMG_8798
デハ1324の配管は撤去されていました。屋根上までは想像ができないのですが、伊賀203Fが方転して譲渡される際に既存のパンタ配管をごっそり撤去した前例もありますから、もしかすると見分けがつかないレベルになるかもしれませんね。この辺は出場時に見てみようと思います。

IMG_8790
デハ1224には東芝のデュアルモードVVVF装置が取り付けられるようで、少なくとも写真に写っている側の床下機器が全て取り払われていたようです。
中央に見えるのは断流器箱。その左側にVVVF装置が取り付けられるはずです。
肝心のVVVF装置は…
IMG_8791
これから取り付けるようです。東芝府中事業所製だそうで。

ここからは比較を交えた少し面倒なお話。外装だけでないところも気になる方はぜひ。
池多摩の1000と言えば1C4M制御単独M車を二つ繋げた3連。(だから上田には譲渡しやすかったですね)一方で東横組は1C8M制御でユニットを組む電動車が3ユニット、両端に先頭車を組んだ8連。
1500改造時、デハ1200-デハ1250ユニットの1250の機器をクハ1000に移し、1C8Mのまま運用を開始しました。(あくまでもイメージ的な表現です)
(成り立ちはこのくらいにしておいて、)実際の組成も1500と1000Nでは異なり、
   ←蒲田       五反田→
1000:デハ1310-デハ1200-クハ1000
1500:クハ1700-デハ1600-デハ1500
となっており、前者は7700に似た、後者は7000に似た構成になっています。

これらを踏まえ、今回の1024Fの改造でどのような変化が起こるか、と言うと、デハ1600に増設パンタ、デュアルモードVVVFが付く辺りでまず、
①1C4M制御→1C8M制御への変更
という改造点が挙げられます。この変化はかなり大きく、
②デハ1310に設置してあるVVVFが不要になる
③クハ1000に設置してあるSIVが不要になる
という機器配置上大きな変化が生じます。実際問題、ここからは1両ずつ改造中の1024F、1000N系、1500番台、7000系の機器配置を比べ、どのような機器配置になるかを考えていきます。

まずは1号車。五反田寄り。
1
右上が1024F。
③クハ1000に設置してあるSIVが不要になる
という話ですが、右下中扉付近にあるSIVが撤去され、空気圧縮機(以下CPと表記)が追設されています。また、現段階では台車はTc車用のものを履いていますから、改番後もクハとして機能するのではないか、と見ています。また搭載されているCPはSIVからの受給電が必要のないタイプですから、この辺りもクハとして機能すると推測する論拠です。
TASC(先頭寄り)や空調制御機器(連結面寄り)などの配置は変わっていない点も注目かと。

続いて2号車。
2
こう見ると7000と1500の機器配置ってほとんど同じなんですね… 右上デハ1224に関してはこの部分しか見えませんでしたが、先述の通り、デュアルモードVVVFが入ってしまえばほぼ同じ機器配置になるはずです。
クハ1024にCPが追設されている話はしましたが、恐らく右下手前にあるCPが元ではないかな、と予想しています。ちなみに東横組のCPはSIVから受給電されるタイプですので、装置の形状が異なります。東横組の1500は1号車に2台配置ではなく、それぞれの先頭車に1台ずつ、分散配置としています。この点は7000も同じです。

最後は3号車。
3
あんまりパッとする機器が見えにくい&VVVF撤去が分かりにくいという…
左側1500と7000にはCPがありますが、右側1000とデハ1324にはありません。この号車を見ると1000とも1500とも言い難い…と個人的には思ってしまいます。

長々とまとめましたが、1000Nの特徴が生きたままVVVF更新を行っているような感じがしました。東横組とは構成がまるっきり違いますから、同じ1500でも東横組はデハ、池多摩組はクハになりますが、妥当な改造なのかもしれません。
今後判明することがあった場合は加筆、別立ての記事を起こそうと思います。

~おまけ~
IMG_8749
「1312」とか書かれてました。あっという間でしたね…